ネットで購入する利点とポイント

ネットで印鑑を誂える場合には、彫ってもらう氏名と印材の選定、字体の選定を行うと、サイト上で印影が確認できる様になっており、この点は非常に便利です。しかし、印材を選定する際に、その印材を実際に触る事は出来ません。

印材の感触や持った感じを確認する必要がなければ、ネットで申し込み、購入するのは、取次経費が要らない分だけ割安となる事が多く、また時間的にも早く手元に届く利点もあります。印材によって、押印する時の感触も異なり、やはり手に馴染みやすい素材を選択する事も重要なようです。ネット注文とはいっても、長期保証がついている場合がほとんどです。心配であれば購入前に確認しておきましょう。

参考-印鑑・実印、の通販 – 印鑑ダイレクト【公式サイト】

実際に印材の感触を持って確認したいと言うこだわりがあるなら、実店舗で購入するのが良いかも知れません。また、実店舗で印材の感触を確かめさせてもらい、ネットで気に入った印材を選定して購入すると言う裏技的な購入方法も考えられます。

ネットで購入するにしろ、実店舗で購入するにしろ、いずれにしても印相学に則った字体で、実印、銀行印、認印をお揃いの印材で誂えるのがお勧めです。少し高価な印鑑を誂える事で、押印する事の重要性をしっかりと考える事にも意味があると言えるでしょう。

どんなセットがあるの?

印鑑のセットとしての代表は、やはり実印と銀行印です。しかし、それ以外に認印もセットにしたり、訂正印と言う小さなサイズの印鑑をセットにしたもの等、色々なセットがあります。認印は所謂三文判でも問題はありませんが、会社や役所などに提出する様々な書類に押印する場合、やはり手彫りの誂えた認印の方が、品格があり、自分が責任をもって押印したと言う意識を強く持つ事ができるため、合わせてセットで購入されるのがお勧めです。個人での使用用途向けとして上記が代表ですが、会社設立時や個人事業主として開業する場合に必要な印鑑として、実印と銀行印と角印の社用印のセットも販売されています。

こうした印鑑のセットは、個別で誂えるよりも格安となる事が多く、また印材や書体に統一感があり、印鑑を大切にする気持ちを高めてくれる効果も期待できます。もちろん、印材には色々な種類があり、その印材によって価格は異なるのが一般的です。

印材としては欠けにくく、それでいて高級感があるものが好まれ、最近ではチタン合金、黒水牛の角、薩摩本柘が人気です。価格はチタン合金、黒水牛の角、薩摩本柘の順番で安くなり、この3素材を中心に選定すれば無難だと言えるでしょう。

印鑑はセット購入が便利

印鑑は実印や銀行印や認印と言った用途に応じた名前で呼ばれる印鑑があります。ゴム印以外であれば、所謂三文判であろうが、どんな印鑑でも、役所で印鑑登録すれば実印となりますし、金融機関で口座を開設する時に、届け印とすれば銀行印となります。

しかし実印は住宅購入契約やローンを組む場合等の重要な取引の時に押印するものであり、銀行印もお金にまつわるシーンで使用する印鑑であり、偽物の防止と共に、その取引が幸せに結びつく事を期待し、縁起の良い独特の書体で手彫りで誂えるケースが多いのです。

実印は氏名を、銀行印は氏のみを彫ってもらうのが一般的です。実印は氏名を彫る事もあり、銀行印や認印に比べて一回り大きな径となるのが一般的で、やはりそれなりの重厚な感じがし、印鑑を大切にすると共に、押印を軽々しくするものではない言う事をも感じさせてくれるもので、やはり誂える事がお勧めです。

こうした重要な実印や銀行印は印材や字体を統一して、同時にセットで誂えるのが便利でお勧めです。黒水牛の角や最近ではチタン合金などの印材が人気で、こうした同一印材を使用し、径のみを変えた印材で実印と銀行印をセットで誂えるのが良いでしょう。

親から子供の成人祝いとして、こうした実印と銀行印のセットを贈り、押印する事の責任の重さを話し、社会人としての門出の花向けとするのも良いでしょう。こうした印鑑を誂えるには、印鑑専門店や文具店やデパートの売り場、さらに最近ではネットで誂え、購入する事も可能です。